2年以内に引っ越し予定ならWIMAXの方がいい?

急な引っ越しもありますが、2年以内に引っ越しすることが分かっている場合もありますよね。

そういった場合にはWIMAXの方が面倒な手続きも必要なく、お金もかからないためおすすめできます。

しかし結局はどのような回線が自分にとって必要なのか?によります。

2年以内に引っ越す場合はWIMAXの方がお金がかからないという話になっていますので参考までに見ておいてください。

光回線は引っ越しに伴いお金がかかる

光回線って引っ越しに伴い何かとお金がかかってしまいますが、光回線の引っ越しに伴いどのようなお金がかかるのかを確認していきましょう。

  • 解約違約金
  • 工事費の残額を一括支払い
  • 新たな住居の工事費

このようなお金がかかってきます。

2年契約を満了して解約する場合にはお金はかかりません。また工事費に関しても契約の際に一括でお金を支払っている場合はお金はかかりません。

しかし2年以内に引っ越す場合には間違いなく解約違約金は支払わなければいけません。

また新居に光回線を移転または新規契約する際にはどちらも新たに引き込む光回線の工事費は必要になってきます。

工事費は回線業者によって異なりますが、20000円~25000程度が相場となっています。

解約違約金に関してはマンションタイプなのか戸建てタイプなのかによって変わってきますし、利用してから何ヶ月目かによっても解約違約金は変わってきます。

このように解約違約金+工事費の残額+新たな入居での工事費が必要になります。これだけでも相当な金額になる可能性があります。

移転の場合はあまりお金がかからない

光回線を新居でも使いたい場合は移転という選択肢があります。

光回線の移転を行う場合には、新居でも同様の回線業者が引き込まれていなければいけません。

つまり賃貸マンションに入居する場合は引きこまれている回線業者がすでに決まっているので、同じ回線業者なら移転手続きによって継続的に利用することができます。

移転に必要なお金は新居に引き込む工事費のみとなっており、割引も実施されています。

しかし新規で契約する時にもらえるようなキャンペーンを貰うことができません。

場合によっては解約して新規契約した方がお得になるケースもあります。

WIMAXと比較すると

WIMAXの引っ越しに伴いかかるお金は0円です。

手続きにかんしても光回線なら移転手続きや解約の手続きを行い、モデムやルーターなどを返却しなければいけません。

しかしWIMAXなら引っ越しの際の手続きとして、プロバイダー公式サイトにて住所を変更するのみとなっています。

コストや手間といった部分で圧倒的にWIMAXの方が素晴らしい結果になっています。

もちろん回線速度や通信の安定性には光回線に劣るWIMAXですが、利便性という部分ではWIMAXに軍配があります。

会社の事情によって転勤や単身赴任を繰り返す人も多いと思いますが、そういった人にはWIMAXが合っているかと思います。

このようなことも考慮してインターネット回線を選んでいきましょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめのWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。