光回線が利用できないマンションや集合住宅について

古い賃貸マンションや県営住宅などに多い

光回線に契約したいと思っていてもそもそも住んでいる住宅に光回線が引き込まれていないケースがあります。

そういった場合には基本的に光回線に契約することができません。

現在ではほとんどの賃貸マンションでは光回線が導入されています。

インターネットの時代になっているため最近の賃貸マンションでは光回線が導入されていることが1つの入居条件になっている人が多いからです。

確かに光回線を利用することのできない賃貸マンションには入居したくありませんからね。

しかしまだまだ古い賃貸マンションや県営、公営、市営住宅などでは光回線が引き込まれていない場合があります。

光回線が利用できない賃貸マンションや集合住宅への対策

基本的には光回線が引き込まれていない賃貸マンションや集合住宅では光回線は利用できませんが、粘ってみるのもありかと思います。

粘ってみる対策方法として個別で自分の部屋にだけ光回線を引き込む方法です。

通常は賃貸マンションや集合住宅ではマンションタイプを利用しますが、個別で契約する場合はファミリータイプに契約することになります。

個別で引き込む場合は賃貸マンションなら大家または管理会社へ工事の許可を取る必要があります。

県営住宅なら県の管理課へ連絡して工事の許可を、公営住宅なら公営の管理課へ工事の許可を、市営なら市の管理課へ工事の許可が必要です。

許可を取ることで光回線を利用することができますが、県営、公営、市営住宅などではほぼ無理です。

しかし賃貸マンションなどではわずかながら可能性があります。

また別の方法で言うと即効性はないものの県営、公営、市営住宅の場合は自治会に光回線を引いてほしいという要望をするしかありません。

賃貸マンションの場合も大家や管理会社に対して光回線の導入を要望するしかありません。

光回線が利用できない場合の選択肢

光回線が引き込まれていない場合には何らかのインターネット回線が引き込まれているかと思います。

最近だとJCOMのケーブルテレビインターネット回線が引き込まれているケースが多いように感じます。

私もケーブルテレビのインターネット回線を利用していましたが、ネットサーフィンや動画再生程度なら問題なく利用することができました。

しかしオンラインゲームはプツプツになる印象です。下りはそれなりの速さを出すものの上りは遅いのが特徴です。

固定回線以外は無線インターネット回線になりますね。

WIMAX・Yモバイルなど最近は色々なところから無線インターネット回線が登場していますが、無線ならWIMAXが速度や通信制限の緩さからしておすすめできます。

光回線が利用できない場合は無線やケーブルテレビのインターネット回線を検討してみてください。

まずはどのインターネット回線が自宅に引きこまれているのか確認しましょう。

光回線を探している人はこちら
光回線のおすすめのWEB代理店を比較しています。

WIMAXを探している人はこちら
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。